スイス農業化学大手のSyngenta、持続可能な農業に関する詳細データを大量に公開、ODIも全面協力

the Good Growth Plan
the Good Growth Plan

スイスの農業化学大手のSyngentaは、2015年4月23日、農業に関する膨大なデータを公開すると発表しました。


Syngentaは持続可能な農業を実現するためのプロジェクト"the Good Growth Plan"を実施しており、欧州、アフリカ、北米、アジアなど41カ国、3,600もの農家から収集した作物レベルの詳細なデータを自由に利用できるような形で公開します。作物と気候との組み合わせは実に200を超えています。


農業関係のデータ公開はこれまでも公的機関からは活発に行われてきましたが、民間企業が作物に関する詳細レベルのデータ公開にまで踏み切ったのはSyngentaが初めてのケースとなります。Syngentaのデータ公開にあたっては、Open Data Instituteも全面に協力しており、データの標準化や作物レベルのデータに関する共通語彙開発を支援します。


CEOマイク・マックは、Syngentaのような"collective responsibility"を実践する企業が増えることによって、従来のビジネス、政府、NGOといったセクターの境界はさらに曖昧になるだろうと述べています。データ中心の時代では、企業のCSRの中心はデータを公開することに他なりません。


参考:Syngenta publishes data to unlock environmental, social and economic value(2015/4/23, Syngenta)


(東 富彦)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Lindsey Napoli (金曜日, 03 2月 2017 05:15)


    Way cool! Some extremely valid points! I appreciate you writing this article plus the rest of the website is extremely good.

  • #2

    Evan Hafer (金曜日, 03 2月 2017 12:08)


    bookmarked!!, I love your site!

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン

東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル

E-MAIL : info@opencorporates.jp

facebook :

opencorporates.jp

マイ広報紙 :

mykoho.jp

オープンデータの取り組みについて、何なりとご相談ください