マレーシア、オープンデータ推進強化策を発表、ODIと提携し推進グループを創設

マレーシアの政府機関であるマルチメディア・デベロップメント・コーポレーション(MDeC)は、2015年4月2日、世界的なオープンデータ推進組織であるOpen Data Institute(ODI)と戦略的パートナーシップを結んだと発表しました。同時にMDeCは、政府横断的にオープンデータを推進することを目的とした活動"National Open Data Champions"の創設も発表しました。MDeCのこれらの発表は、マレーシア首相官邸の近代化管理計画局(Malaysian Administrative Modernisation and Management Planning Unit, MAMPU)と共同で行われたものです。


MDeCはODIとの提携によって、オープンデータ推進に関してさまざまな面からアドバイスを受け、現在41位と低迷しているオープンデータ指標"Open Data Barometer"におけるランキングアップを目指します。"National Open Data Champions"はこの目標を実現するための中核となるグループで、通信マルチメディア省、財務省、統計庁、陸路公共交通委員会など、6省および6政府機関から31人がメンバーに指名されました。メンバーはオープンデータが効果を発揮するプロジェクトを選択したり、課題解決に必要なデータを識別して公開するとともに、データの品質保持にもあたります。


参考:MDeC Drives Government Open Data through Partnership and National Champions(MDeC, 2015/4/2)


(東 富彦)

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン

東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル

E-MAIL : info@opencorporates.jp

facebook :

opencorporates.jp

マイ広報紙 :

mykoho.jp

オープンデータの取り組みについて、何なりとご相談ください