BetaNYC、「市民による、市民のための21世紀のニューヨーク市」を目指す

ニューヨーク市が「市民による、市民のための21世紀のニューヨーク市」を実現するためのイニシアティブBetaNYCを立ち上げました。ボランティア精神に溢れる市民の参加を促し、21世紀のニューヨーク市を共に考え、創り出していくことが目的です。

BetaNYC (http://betanyc.us/)
BetaNYC (http://betanyc.us/)

例えば以下のように、すでに多くの市民参加型プロジェクトが始まっています。

  • CityGram NYC興味のある場所を指定して、その場所に関するトピックスを受けとることができる
  • Heat Seek NYC:ニューヨーク市のヒートアイランド現象に対して、店子・大家・地元団体が協力しIoTを活用して取組む
  • NYC Property Tax Map:固定資産税を課税対象単位で調べることができるインタラクティブマップ

ニューヨーク市と言えば、Open KnowledgeのUS CITY OPEN DATA CENSUSにおいてトップにランキングされるなど、オープンデータ推進においては世界トップクラスの都市です。ニューヨーク市のオープンデータポータルであるNYC Open Dataには、市当局が公開したデータセットだけではなく、市民が作成したさまざまなビューも登録して公開されています。NYC Open Dataの公式データセット数は1,337であるのに対して、市民が作成したデータセット数は3,723に上り、7割以上を占めています。BetaNYCの各プロジェクトでもこれらのオープンデータがフル活用されています。

 

日本では自治体の皆様から「データを公開しても使われない」「オープンデータをやる意味がよくわからない」という声をよく聞きます。NYC Open DataからBetaNYCへと進むニューヨーク市の取り組みは、こうした疑問に対する1つの答えを示しています。

 

(東 富彦)

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン

東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル

E-MAIL : info@opencorporates.jp

facebook :

opencorporates.jp

マイ広報紙 :

mykoho.jp

オープンデータの取り組みについて、何なりとご相談ください