HPもIBMもCC-BYでデータ公開、オーストリアの民間企業オープンデータポータル

Open Data Portal Austria
Open Data Portal Austria

2014年7月1日、オーストリアで、Open Data Portal Austria (odp)という新しいオープンデータポータルが立ち上がりました。

 

odpの最大の特徴は、非政府データを対象としている点です。民間企業、個人、NPOやNGOなどが持っているデータをオープンデータとして公開し、広く活用できるようにすることがodpの目的です。odpは、Wikimedia AustriaOpen Knowledge Foundation AustriaCooperation OGD Austriaの協力によって開発されました。

 

odpで公開されているデータセット数は34とまだ多くはありません。しかしHewlett-PackardやIBMなどの企業が既にデータを公開しています。

 

例えばこれはHPのプリンターや複合機に関するデータです。8万5千種類を超える製品のデータが「Creative Commons Attribution 3.0 Austria」のライセンスで公開されており、著作権者表示をすれば誰でも自由に利用することができます。

CC-BY: Hewlett Packard
CC-BY: Hewlett Packard

 

こちらはオーストリアにあるIBMのオフィス一覧で、同じくライセンスは「Creative Commons Attribution 3.0 Austria」が適用されています。

 

Data source: CC-BY-3.0: IBM Austria International Office Machines mbH
Data source: CC-BY-3.0: IBM Austria International Office Machines mbH

 

政府だけでなく、企業や個人、民間団体などが保有しているデータを、政府と同じくオープンデータとして開放し、自由に利用できるようにする試みがオーストリアで始まりました。

 

オープンデータ運動は政府や自治体から始まり、民間企業や個人へと確実に広がってきています。政府や自治体がデータを本格的にオープンデータ化するまで数年の歳月を必要としました。オープンデータ化のノウハウが蓄積され、オープンデータによる効果を実感できるようになった今、企業や個人におけるオープンデータ化運動は政府や自治体よりもかなり早いスピードで進んでいくことでしょう。

 

東 富彦

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン

東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル

E-MAIL : info@opencorporates.jp

facebook :

opencorporates.jp

マイ広報紙 :

mykoho.jp

オープンデータの取り組みについて、何なりとご相談ください