広報誌は宝の山(3)

なかの区報 2014年3月5日号
なかの区報 2014年3月5日号

東京23区における臨時号を除いた月間発行回数を調べてみたところ、以下の結果となりました。

 

  • 2回:千代田、文教、台東、渋谷、中野、足立
  • 3回:中央、港、新宿、墨田、江東、品川、目黒、大田、世田谷、杉並、豊島、北、荒川、練馬、葛飾、江戸川
  • 4回:板橋

 

発行日としては、1日・11日・21日が10区と最多ですが、5日・15日・25日が3区、10日・25日が2区、5日・20日が2区、1日・10日・20日が2区などとなっています。住居と職場が異なる区にある人にとっては、それぞれの広報誌の発行スケジュールを覚えておくのも一苦労かもしれません。

 

そこで、東京23区の広報誌発行スケジュールを一覧できるカレンダーを作成してみました

 

カレンダー右上の「予定リスト」で参照したい区を選択することができます。また、過去の予定をクリックして詳細を表示させると、発行済みのPDF版広報誌を入手することもできます。

 

東京23区全体では毎月約60号の広報誌が発行されています。前回、1つの広報誌に掲載されているコンテンツの数は約200でしたから、東京23区における月間コンテンツ数は1万2千にも上ります

 

(東 富彦)

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン

東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル

E-MAIL : info@opencorporates.jp

facebook :

opencorporates.jp

マイ広報紙 :

mykoho.jp

オープンデータの取り組みについて、何なりとご相談ください